アパート建築においての借入金や坪単価を決めよう

アパート用の土地を所有しておりアパート建築の時期を見計らっていた

アパート用の土地を所有しておりアパート建築の時期を見計らっていた | 55万円までを原則超えないようなアパート建築を考えていました | アパート建築においては借入金や坪単価などは大切な指標

自分はアパート用の土地を所有しており、もしもアパート建築をするのであれば、上物だけの金額でできるために、ずいぶん前からいつ建設するか、時期を見計らっていたのです。
ところが両親の反対もあり、なかなか実行には移せませんでした。
もしも融資を利用するのであれば、なじみの信用金庫から借りようと漠然と考えていました。
それまではひたすら勉強を重ねました。
無料のセミナーにも参加しましたし、不動産投資関連に書籍は8年間で300冊以上は読破したと思われます。
それくらい勉強を重ねておけば、リスクは最小限に抑えられます。
いくら自己所有の土地があるからと言っても、このアパートマンション乱立時代はライバルも多く、勝ち残るためにはとにかく勉強が必要なのではないでしょうか。
そしてアパート建築を実行に移す決定打になったのは、自分の目の前の家と裏の家が偶然にも同時にアパートになったことでした。
これは偶然のようで、そうではなく自分の家も実行に移す時が来たのではないかと思いました。
すでにその5、6年前に信用金庫巡りをしていました。

アパート建築会社の違いはどこを見る?失敗しない選び方を詳しく解説 | 不動産投資コラム | 不動産投資情報サイト HEDGE GUIDE#建築 https://t.co/uTQw2XcTGd

— ビルディングニュース (@NewsDesignBuild) September 19, 2021