アパート建築においての借入金や坪単価を決めよう

アパート建築においては借入金や坪単価などは大切な指標

アパート用の土地を所有しておりアパート建築の時期を見計らっていた | 55万円までを原則超えないようなアパート建築を考えていました | アパート建築においては借入金や坪単価などは大切な指標

このように、アパート建築においては借入金や坪単価などは大切な指標となります。
借入金はできるだけ少ないほうがよいのですが、不動産投資家の中にはたくさんの借入金がある人もいます。
自分は億を超えるような借金はあまりしたくはありませんので4000万円程度になりました。
この金額であれば、住宅ローンを組む一般的なサラリーマンでも借りているような金額に当たります。
昭和の時代にも自分の祖母がアパートを経営していたのですが、その時は全額自己資金で建設したと聞きました。
うらやましい限りですが、今回はそうはいかずに信用金庫を利用した次第です。
アパートの経営は今のところ順調です。
あとは、それを維持しながらもう少し物件を増やしていくことを新たな目標に決めました。
不労所得を増やすという事は、将来のお金の不安が少しずつ減っていくということに繋がります。
お金に対する不安がなく安心を得られることは、とても穏やかな生活を得られるということです。